【レーベル別SACD特集】Mercury(マーキュリー)編

Mercury SACD

今回は、アメリカの高音質レーベル、Living Presenceの名前でも有名なMercury(マーキュリー)編です。

これらの作品は当然レコードがオリジナルです。

オリジナルの米盤は素晴らしい音質ですが、現在ミント盤を入手するのは非常に困難です。
SACDも多くは廃盤ですが、まだ入手しやすい作品も多くあります。

SACDは3トラック・テープから制作されていて、ステレオ以外にオリジナルの3chも収録されています。
私はステレオ環境しかないのでマルチでは聴けません。

あわせて読みたい
【レーベル別SACD特集】Telarc(テラーク)編 1977年に米国で設立されたTelarc(テラーク)レーベルの中からおすすめのSACDを10枚紹介します。
あわせて読みたい
【レーベル別SACD特集】Philips(フィリップス)編 SACDフォーマットの本家本元、Philips(フィリップス)のおすすめSACDを10枚紹介します
目次

レーベル別SACD特集 - mercury(マーキュリー)編

DECCAやEMIが複数の優秀なエンジニアを抱えていたのに対して、マーキュリーは1つのチームで録音制作を行っていました。絶対的なタイトル数は少ないですが、おしなべて優秀録音です。

マーキュリー・レコード(Mercury Records)は、1945年にアメリカ合衆国イリノイ州シカゴで設立されたレコード会社である。設立当初はインディーズとしてスタートし、1961年以後はメジャー・レーベルの子会社となった。マーキュリー、ポリドールは、ポリグラムの傘下となった。レコード業界の合併による巨大企業グループ化の流れで、ユニバーサル ミュージック グループの傘下にあり、イギリスに形式上の本部を置く。アメリカでは、名称とロゴはバック・カタログとリイシューにのみ使われている。

参考: マーキュリー・レコード – Wikipedia

作品数、アーティスト数が少ないため10枚選ぶのは、苦労しました。

Byron Janis - Mussorgsky: Pictures at an Exhibition

Mercury ‎– 475 6620

Mercury ‎– 475 6620

このレーベルでは欠かせないピアニスト、バイロン・ジャニスによる展覧会の絵です。

ピアノソロと、ドラティ指揮、ミネアポリス交響楽団によるオーケストラ版を収録しています。
お勧めはピアノバージョン。弱音の表現が素晴らしいです。

PICTURES AT AN EXHIBITION BYRON JANIS

Byron Janis - Rachmaninov: Piano Concertos Nos. 2 & 3

Mercury ‎– 470 639-2

Mercury ‎– 470 639-2

ラフマニノフのピアノ協奏曲、特に2番と3番は定番ですので無数に録音がありますが、レコード時代を代表する優秀録音の1つ。特に3番がお勧めです。

Byron Janis plays Rachmaninoff Third Concerto Mvt. III
録音とは別音源ですが、参考までに

Janos Starker - Bach: Suites for Solo Cello

Mercury ‎– 470 644-2

Mercury ‎– 470 644-2

これも定番のシュタルケル、チェロ無伴奏です。2枚組。
SACDでもカラッとした切れ味のある録音です。

通常盤CDとは音の厚みがまったく違います。

Bach Suite for Solo Cello No.1 in G, BWV 1007_Janos Starker

Janos Starker - Dvorak: Cello Concerto, Bruch: Kol Nidrei, Tchaikovsky: Variations on a Rococo Theme

Mercury ‎– 475 6608

Mercury ‎– 475 6608

もう1枚シュタルケルの作品を。
ドラティ指揮、ドヴォルザークのチェロ協奏曲。
鮮度の高い音でありながら、うるさくなるギリギリのところでうまく録音されています。

Dvořák: Cello Concerto in B Minor, Op. 104, B. 191 - I. Allegro

Frederick Fennell - Screamers

Mercury ‎– 475 6619

Mercury ‎– 475 6619

フレデリック・フェネル指揮、イーストマン・ウィンド・アンサンブルによる、サーカス・マーチ名曲集。
このジャンルは、子供のころを想起してしまい、録音に意識が行きずらいですが、優秀録音の1つです。

Howard Hanson - Hanson: Symphony No. 1 Nordic, No. 2 Romantic, Song of Democracy

Mercury ‎– 475 6181

Mercury ‎– 475 6181

ハワード・ハンソンによる、自作、自演。
交響曲2曲を収録しています。ジョン・ウィリアムズの先駆けのような、映画音楽っぽい曲です。

Hanson: Symphony No. 1 in E minor, Op. 21 "Nordic" - 1. Andante solenne - Allegro con forza

Antal Dorati - Tchaikovsky: The Nutcracker, Serenade

Mercury ‎– 475 6623

Mercury ‎– 475 6623

ドラティ、ロンドン響による、くるみ割り人形。
その後、フィリップスで再録もしています。
軽快でテンポのよい演奏。

Tchaikovsky: The Nutcracker, Op. 71, TH.14 - Overture

Antal Dorati - Enesco: Roumanian Rhapsody No. 1, Liszt: Hungarian Rhapsodies Nos. 1 - 6

Mercury ‎– 475 6185

Mercury ‎– 475 6185

こちらも、ドラティ、ロンドン響による作品。エネスコのルーマニア狂詩曲第1番、リストのハンガリー狂詩曲集。
RCAのストコフスキーによる優秀録音盤もありますが、ドラティの方が作品として完成度が高いと思います。

アーティスト:London Symphony Orchestra, 作曲:George Enescu, 指揮:Antál Dorati
Liszt: Hungarian Rhapsody No.2 in D minor, S.359 No.2

Paul Paray - Chabrier: Espana, Suite Pastorale, Fete Polonaise, Overture Gwendoline, Danse Slave & Roussel: Suite in F

Mercury ‎– 475 6183

Mercury ‎– 475 6183

ポール・パレー、デトロイト交響楽団によるシャブリエ集。
音色の豊富さ、色彩感あふれる優雅な作品。

Chabrier: España, Rhapsody for Orchestra

Paul Paray - Berlioz; Symphonie Fantastique

Mercury ‎– 475 6622

Mercury ‎– 475 6622

こちらも、ポール・パレー、デトロイト交響楽団。
無数にある幻想交響曲の中でも代表的な優秀録音の1つ。

Berlioz: Symphonie fantastique, Op. 14 - V. Songe d'une nuit du Sabbat (Larghetto - Allegro)

以上10枚紹介しました。

PR
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次