SACDリッピング可能なブルーレイのまとめ

SACD RIPPING

以前にパイオニアのブルーレイを使ったSACDリッピング方法を紹介しました。

あわせて読みたい
ブルーレイプレーヤーでSACDリッピング パイオニアのブルーレイプレーヤーを使ったSACDリッピング方法。PCで不可能だったSACDのDSDデータを取り出すことが可能に。

パイオニアのホームAV事業は事実上廃業ですが、まだブルーレイはティアックで修理対応するようです。
参考: パイオニア製品修理対応製品リスト

微妙にプレミア価格になりつつありますので、他にリッピング可能なブルーレイを紹介します。

日本でのSACDリッピングは法に触れる可能性があるので、自己責任でお願い致します。

目次

SACDリッピング可能なブルーレイプレーヤーのまとめ

下記のモデルがリッピング可能らしいです。
事実関係は保証できませんのでご了承ください。

Arcam

FMJ UDP411 (日本未発売)
FMJ CDS27 (日本未発売)

Cambridge

Azur 752BD

¥141,592 (2022/12/01 09:54時点 | 楽天市場調べ)



CXU

Electrocompaniet

EMP3 (日本未発売)

DENON

DBT-3313UD and 3313UDCI * ARMv7 AutoScript version

¥54,800 (2022/11/25 16:46時点 | Amazon調べ)

Marantz

UD7007 *ARMv7 AutoScript version

¥53,007 (2022/12/01 09:59時点 | Amazon調べ)

MSB Technology

Universal Media Transport V
Signature UMT V

Oppo

BDP-103 and 103D

¥98,000 (2022/11/25 16:46時点 | Amazon調べ)


BDP-105 and 105D

¥118,000 (2022/12/01 10:02時点 | Amazon調べ)

Pioneer

BDP-80FD (日本未発売)
BDP-160


BDP-170

Primare

BD32 MkII

Sony

BDP-S390 (日本未発売)
BDP-S490 (日本未発売)
BDP-S590


BDP-S4100 (日本未発売)
BDP-S5100

¥38,000 (2022/11/25 23:25時点 | Amazon調べ)

BDP-S790 (日本未発売)
BDP-S6200 *ARMv7 AutoScript version

¥9,800 (2022/11/26 23:29時点 | Amazon調べ)

BDP-S7200 (日本未発売) *ARMv7 AutoScript version

YAMAHA

BD-S677 (日本未発売)

SACDをリッピングする方法

機種により若干設定は異なるようです

PC側の事前準備

STEP
USBメモリを用意する

FAT32でフォーマットし、短いラベル名にする

STEP
AutoScriptファイルをダウンロードし、USBメモリに保存

USBメモリには他のファイルは入れずに、3つのファイル全てを一番上の階層にファイルを保存します。

ARMv7タイプはダウンロードするファイルが異なります。

パイオニア BDP-160/170など
ARMv7タイプ

ブルーレイプレーヤーの設定

STEP
リッピング可能なブルーレイプレーヤーを用意
STEP
ブルーレイプレーヤーをインターネットに接続

有線/無線は問いません。IPアドレスを確認してメモします。
固定IPにした方が便利だと思います。

STEP
ブルーレイプレーヤーの設定

プレーヤーにはUSBデバイスを繋がないこと
クイックスタートをON
自動再生はオフに

モデルによって設定項目は少し異なると思います

STEP
電源を落とした状態で、事前に準備したUSBメモリを挿入し、電源を立ち上げる

トレイが空いたらSACDを載せます。

プレーヤーによってUSBメモリを刺す場所が異なります。

リッピングを開始する

STEP
PCに保存するフォルダを作成する

便宜上、CドライブにSACDというフォルダを作ると仮定します。

STEP
sacd_extract.exeを保存

先ほどのフォルダにsacd_extractをダウンロードし、解凍します。

解凍したsacd_extract.exeファイルを保存。
参考: https://www.videohelp.com/software/sacd-extract

STEP
コマンドプロンプトを立ち上げてリッピングを開始する

事前準備で作成したフォルダに移動。

今回はCドライブにsacdというフォルダを作成しましたので、コマンドプロンプトに下記のように入力。

cd C:\sacd 

次に、フォルダ内のsacd_extract.exeを起動します。

.\sacd_extract -i 192.168.x.xx:2002 -P -I

192.168.x.xxはブルーレイプレーヤーのIPアドレスです

デフォルトではISOファイルで保管されますが、下記コマンドを追加することでDSFのステレオで保存するなど、設定を変更できます。

Usage: sacd_extract [options] [outfile]
-2, –2ch-tracks : Export two channel tracks (default)
-m, –mch-tracks : Export multi-channel tracks
-e, –output-dsdiff-em : output as Philips DSDIFF (Edit Master) file
-p, –output-dsdiff : output as Philips DSDIFF file
-s, –output-dsf : output as Sony DSF file
-I, –output-iso : output as RAW ISO
-c, –convert-dst : convert DST to DSD
-C, –export-cue : Export a CUE Sheet
-i, –input[=FILE] : set source and determine if “iso” image,
device or server (ex. -i192.168.1.10:2002)
-P, –print : display disc and track information

STEP
リッピング終了

作成したフォルダ内(Cドライブのsacd)にISOファイルが保存されます。

SACD ISOファイルの処理の仕方は別ページで説明しています。

あわせて読みたい
SACDISOとDSF、DSDIFFについて SACDISOをDSFに変換する方法。DSFファイルのタグ編集について。

DSFファイルのtag編集はMP3tagがおすすめです。

あわせて読みたい
Mp3tagを徹底解説【最強タグ編集ソフト】 タグ編集ソフトMp3tagの使い方を完全解説。インストールから文字化け対策、Apple MusicやDicogsとの連携方法まで
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次