クラシック オリジナルレコード 東独Eterna

サイト名のとおり、東独エテルナは大好きなレーベルなので、まずはここから紹介します。

目次

東独Eternaのラベルについて

基本的にステレオのレコードしか買わないので、モノラルは省略します。

クラシックのレコードの場合、まず英国の作品に人気が集中します。

DECCAのSXL2000番代、コロンビアSAXのブルーシルバー、EMIのゴールドニッパーなどは無条件で良い値段で取引されています。

それに比べると、エテルナの作品は一部を除き、今でも安価に入手できます。
東ドイツは共産圏だったため、外部に作品が流出していない事も大きな要因の1つでしょう。

また、意外と知られていない事実として、上記英国メジャーレーベルと比べても、エテルナのカタログ数は上で、リリース枚数は圧倒的に多いのです。

Eterna x xx xxxというメインの型番だけでも数千種類はあるらしいです。
これも人気作品以外が安価で入手できる要因の1つになっているはずです。

録音、カッティング技術も優れており、他レーベルと同一作品がある場合、エテルナの方が良いケースも多々あります。

黒ラベルが初出だとしても、2版が黒ラベルエディションの場合もあれば、青ラベルの場合もあったりします。

V字ステレオ

V字ステレオ
モノラルのジャケットであるV字模様にステレオのロゴが入ります。

日本のレコード屋ではVステと呼ぶことが多いです。
825番代のレコードの1部に該当します。

同じ型番でVステでは無いレコードはジャケット自体が異なる場合が多く、大抵はジャケだけで判断できます。

重量版で音質も良いですが、盤状態が良い物を探すのがなかなか大変です。

比較的安価に入手できる同レーベルでもVステだけは、高値取引されています。

黒ラベル ステレオ

黒ラベルステレオ
エテルナのステレオ作品は、他レーベルよりも遅く、60年代後半からと言われています。80年くらいまでこのラベルが有ります。

黒ラベル エディション

黒ラベル エディション
続いて、Editionです。826番代後半でこれが初版になる作品が出てきます。
知らないだけで825番代もあるかもしれませんが…。

ちなみに、このレコード(825 873)では、これは2版で、初版は黒ラベルステレオになります。

メロディア/エテルナ

メロディア/エテルナ
露メロディアとのダブルネーム。
このタイプは、同内容の作品がメロディア単体から出ている場合も多いです。

エテルナとしてはこのシリーズはこのジャケしかありません。

青ラベル ステレオ

青ラベル ステレオ826番代からも初出としても存在しますが、多くは827番代からです。

青ラベル 上に文字

青ラベル 上に文字

80年代半ばから後半にかけて存在します。

青ラベル エディション

青ラベル エディション

これも80年代半ばより存在します。

DMM茶色

DMM茶色

725番代のデジタル録音のラベルです。
725番代初期はこの色が多い気がします。これも何色か存在します。

DMMオレンジ

DMMオレンジ

続いてオレンジ色に変わります。
参考サイト: Die ETERNA-Schallplatten im Überblick

他の特集

あわせて読みたい
クラシック オリジナルレコード 英国編 – Decca, EMI, Columbia 英国の3大レーベル、DECCA SXLシリーズ、EMI ASDシリーズ、COLUMBIA SAXシリーズの初期盤レコードの見分け方について
あわせて読みたい
クラシック オリジナルレコード 米国編 米国の主要レーベル、米LONDON DECCA CSシリーズ, COLUMBIA MSシリーズ, RCA LSCシリーズ, Mercury SRシリーズ, Connoisseur Societyの初期盤レコードの見分け方について
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次