SACDISOとDSF、DSDIFFについて

SACDisoファイルをDSDフォーマットへ変換する

前回の続きです。

あわせて読みたい
ブルーレイプレーヤーでSACDリッピング パイオニアのブルーレイプレーヤーを使ったSACDリッピング方法。PCで不可能だったSACDのDSDデータを取り出すことが可能に。

まず、ISOイメージについて説明します。

ISOイメージは、国際標準化機構 (ISO) の定義した形式の光ディスク用アーカイブファイル(ディスクイメージ)。このフォーマットは多くのソフトウェアベンダーがサポートしている。
(途中省略)
他のアーカイブと同様、ISOイメージにはアーカイブ対象のCD/DVD/BD上(あるいは他の任意のディスクフォーマット)の全ファイルのデータが含まれる。それらは圧縮されていない。ファイルの内容だけでなく、ファイルシステムの持つ全てのメタデータとして、ブートコード、構造、属性なども含んでいる。
このような特徴から、ソフトウェアを物理媒体で配布する代わりに単にインターネットやLAN経由でソフトウェアを転送する際のフォーマットとして使われるようになった。

参考: ISOイメージ Wikipedia
目次

SACDISOとDSF、DSDIFFについて

SACDをリッピングしたSACDISOはひとまず置いておきますが、DSDを配信するレーベルの中には、DSFやDSDIFFではなく、SACDISOで配信するところも少数ながら存在します。

変換するのが面倒なのか、変換も含めてユーザーに任せているのかは分かりません。

ここでは、SACDISOファイルの変換方法について紹介します。
Foobar2000(要プラグイン)やlightMPDなどSACDISOをそのまま再生できるソフトも存在します。

ISO2DSDのダウンロード

まずはプログラムファイルのダウンロードです。

私はWIN10です。MACやLINUX用プログラムも配布されています。
参考: ISO2DSD SONORE computer audio

ISO2DSDの使い方

直感で使えると思いますが、一応補足を。

ISO2DSD SONORE
出力をDSFおよびDSDIFFで選択ができます。
タグ編集ができるDSFを推奨します。

DSDIFFの場合は、Direct Stream Transfer (DST)による圧縮された音源と、非圧縮の音源が存在します。

SACD5.1chマルチ、2chステレオなどの収録には有利です。

SACDISOをDSDIFFに変換する場合は、DST圧縮のソフトをそのまま変換するか否か選ぶことができます。DSFファイルにはチェックの有無は関係無いはずです。

また、オリジナルのSACDISOのファイル名にラテン語などが含まれる場合、エラメッセージが出て変換できない場合があります。

その場合はファイル名を書き換えればOKです。

DSFファイルのタグ編集

DSFファイルのタグ編集はdbPowerampでも可能ですが、Mp3tagがお勧めです。

別ページで使い方を紹介しています。

あわせて読みたい
Mp3tagを徹底解説【最強タグ編集ソフト】 タグ編集ソフトMp3tagの使い方を完全解説。インストールから文字化け対策、Apple MusicやDicogsとの連携方法まで
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • こんにちは。
    SACDクラシックをDSFファイルに変換してWalkman NW-ZX300に入れることを
    検討しています。リッピングしたファイルはギャップレス再生は可能でしょうか?
    初心的な質問で申し訳ございません。

  • コメントありがとうございます。

    ギャップレス再生の可否は、音源側ではなく再生側の問題です。NW-ZX300が対応しているかどうかです。

    メーカーに確認するか、2Lなどの無料でダウンロードできるDSFファイルで実際に試してみるのが良いと思います。

  • 返信ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    訂正
    初心的な質問× →初歩的な質問〇

コメントする

目次