プロモ盤、白ラベル(PROMOTION COPY NOT FOR SALE)

プロモ盤、白ラベルの音質は?

昔から気になっていましたが、今まで取り上げていませんでした。
ある程度サンプルもそろったので、自分なりにまとめてみたいと思います。

目次

プロモ盤白ラベルのレコードは、音が良い?

白ラベルとは以下のようなレコードです。

これは以前に紹介した、Pisano & Ruff


同じく以前紹介したMiss Abrams and The Strawberry Point 4th Grade Class

クラシックでも白ラベルがあります。
米マーキュリー

英デッカ

デッカは白ラベルではないプロモ盤も存在します。

EMIはシールタイプが多い気がします。今回このタイプは除外します。

一般的なレコード製造工程

  1. マスター音源をラッカーディスクにカッティング(いわゆるラッカー盤)
  1. ラッカー盤は柔らかいため、表面に銀コーティングし、さらにニッケルメッキを施した上で剥離する。この金属盤がメタルマスター。マスタースタンパーともいう。
    ラッカー盤から型をとっているので、通常のレコードとは反対の凸になっている。
  1. メタルマスターにメッキをして剥離すると、通常のレコードと同じ凹のスタンパーができる。これをマザースタンパーという。最大10枚程度。
  1. マザースタンパーをさらにメッキして剥離した凸のスタンパー(これも最大10枚程度)が、レコードのプレス機に取り付けられる。

ダイレクトカッティングは、通常は録音、編集して作成されるマスター音源を、その場でミックスダウンしてラッカー盤を製作することを指します。

1つのスタンパーからプレスできるレコードはだいたい2000枚程度と言われています。

つまり1つのラッカー盤から産まれるレコードは、最大でマザースタンパー10枚 x プレス機に付けられるスタンパー10枚 x 2000枚と考えると20万枚程度です。

THE MAKING (100)レコードができるまで
参考動画として紹介します

レコードの1stプレスとは

大きな括りでの1stプレスというのは、最初に製作されたラッカー盤から作られたレコードを指します。
2世代目のラッカー盤から製造されたレコードが2版、以下3版…です。

レーベルごとにルールは違うと思いますが、マトリクス番号の最後の数字が何回目のラッカー盤かを示しているケースが多いと思います。

何らかの理由でそのラッカー盤が使用されないケースもありますので、1/1の次が2/4という具合に数字が飛ぶことも珍しくありません。

再発盤の場合は、マスターテープ自体が劣化しているケースが多いこと、ラッカー盤を製作するカッティング技師、機械が変わっていることが音質が大きく変わる要因として考えられます。

クラシックのレコードの場合はラベルで判断する場合が多く、ラベルでED1、ED2と表記しますが、マトリクスまで言及しない販売店も多いです。

あわせて読みたい
クラシック オリジナルレコード 英国編 - Decca, EMI, Columbia 英国の3大レーベル、DECCA SXLシリーズ、EMI ASDシリーズ、COLUMBIA SAXシリーズの初期盤レコードの見分け方について

プロモ盤の音質を検証する

プロモ盤は、一般流通する前に製作される場合が多いため、初期マザーおよび若いスタンパーを使用しているケースが多いと考えられます。

レコード制作工程を考えた場合、録音当時のマスター音源を使い、然るべき録音技師がカッティングしたラッカー盤から製造されたレコードを重宝するのは自然な流れです。

ただし、場合によっては2回目のラッカー盤の方が出来が良い場合もあるでしょう。

また、最終的に1つのスタンパーから2000枚程度のレコードが製造されると考えた場合、1枚目と2000枚目では音質に差が出ると想像できます。
さすがに何枚目のプレスか知る術はありません。

結局は聴いたレコードが良いかどうかで判断するしかありません。

チョン・キョンファのレコードで比較してみました。

このレコードは10枚以上は購入しています。
基本的にA-B比較し、良い方を残して、悪い方は売っています。

過去に購入したレコードのマトリクス番号は古い順に
2W/2W
4W/2W(白プロモ)
4W/2W
5W/3W(白プロモ)
5W/3W
7W/3W
8W/4W
9W/5W
10W/5W
10W/6G(蘭プレス)
10W/7G(蘭プレス)
という結果です。

実際にはこの番号の中でもダブりもあります。
統計的に白プロモ盤は初期のプレスではありますが、必ずしも最初期ではないことが分かります。

このレコードは、2W/2Wではなく、4W/2Wの白プロモを手元に残しています。
盤質も含めた総合的な観点から最良と判断しました。

このレコードだけで白プロモが優秀と結論付ける気にはなりませんが、1つの材料として紹介しました。

昔はプロモ盤(サンプル盤)というと、通常よりも安く買えるイメージでしたが、いつの頃からか希少性が高いためか高騰している印象があります。

個人的には無理にプロモ盤に手を出す必要は無いと思いますが、同じ値段で売っていればプロモ盤を選びます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次