Claudio Abbado - Mendelssohn: Symphonies Nos. 3 & 4

アバド&ロンドン響によるメンデルスゾーン。交響曲3番”スコットランド”と4番”イタリア”が収録されています。

目次

Claudio Abbado - Mendelssohn: Symphonies Nos. 3 & 4

DECCA - SXL6363

SXL6363

英デッカで言えば、60年代後半は最後のワイドバンドであるED3のレコードが多い中、なぜかこの作品はED1です。このレコードはED2は見かけません。ED1/3/4しか見た事が無いです。

私が所有しているDECCAのレコードではこれが最後のED1です。

ED1って何?という方は、こちらもご覧ください。

あわせて読みたい
クラシック オリジナルレコード 英国編 - Decca, EMI, Columbia 英国の3大レーベル、DECCA SXLシリーズ、EMI ASDシリーズ、COLUMBIA SAXシリーズの初期盤レコードの見分け方について

アバドとロンドン響は、このデッカからの録音の他に、デジタル録音として独DGGから全集も出ています。一般的にはDGGの方が有名かもしれませんね。

両曲とも大御所の名録音がたくさん出てますので、アバドを1番手としては紹介できませんが、強い個性を感じさせずに、気品のある名演かと思います。

MENDELSSOHN, Symphony No 3 In A Minor, Op 56 , Scotch , Claudio Abbado 1,2,3,4 mov
これがED3です
PR
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次