Vladimir Ashkenazy – Tchaikovsky: Piano Concerto No. 1

アシュケナージの最初期録音の1つ。
ロリン・マゼール指揮、ロンドン交響楽団。

ラフマニノフのピアノ協奏曲3番の方が、デッカのカタログナンバーとしては先ですが、録音はこちらの方が少し前です。
録音エンジニアはケネス・ウィルキンソン、ジャック・ロー。

目次

Vladimir Ashkenazy – Tchaikovsky: Piano Concerto No. 1

DECCA – SXL6058

sxl6058

アシュケナージは人気があって枚数が多いからなのか、人気が無いからなのか分かりませんが、デッカのオリジナルでもプレミアとは無縁で入手しやすいです。

よくわからずにデッカのレコードを集め出した時に、ED1で入手しやすいという理由だけで購入しました。マトは3E/3Eです。何枚か買いましたがこれより古いものは入手できず。

ユニバーサルのSACDシングルレイヤーは、シューマンのピアノ協奏曲がカップリングされています。
SACDの方が音場は広く出ますが、ピアノの存在感が希薄で、レコードの方が音の実在感、浸透力があり安心して聴けます。

通常CDです
¥1,631 (2022/09/19 19:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
Tchaikovsky: Piano Concerto No. 1 in B-Flat Minor, Op. 23, TH 55 - 1. Allegro non troppo e...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次