Istvan Kertesz – Dvorak: Symphony No. 8

ケルテス、ドヴォルザークというと、ウィーンフィルとの9番ばかりが取り上げられますが、そのあと、ロンドン響と1-9番まで録音しています。

今回、ステレオサウンド企画で8番がSACD化されたので速攻購入しました。
1-9番まででは一番良く聴くレコードです。

目次

Istvan Kertesz – Dvorak: Symphony No. 8

DECCA – SXL6044
Stereo Sound – SSHRS-058/059

SXL6044

手持ちは英オリジナルのED1です。マトリクス3G/3G
何度か買い直していますが、ずっと3G/3Gですね。これより古い番号があるか分かりません。

ロンドン響とのドヴォルザークは、この8番と7番はED1が初出、それ以外はED2が初出のはずです。

ステレオサウンドのSACDはノイズフロアが下がってすっきりくっきりという印象です。

とある方のところで、この作品のSpeakers Corner盤のレコードと比較したことがありますが、オリジナルと比べる寝ぼけた音に感じました。それと比べるとステレオサウンドのSACDはかなり善戦しているような気がします。

Dvořák: Symphony No.8 in G Major, Op.88, B.163 - 1. Allegro con brio
Greenwave Filters
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次