Thomas Beecham – Rimsky-Korsakov: Scheherazade

記念すべきHMVの最初のステレオレコードです。

ASDではじまるHMV/EMIのレコードはこのASD251がスタートです。
1957年というステレオ黎明期です。

目次

Thomas Beecham – Rimsky-Korsakov: Scheherazade

HMV – ASD251
Tower Records – TDSA-205

ASD251

タワレコ企画でSACDもリリースされたので、比較してみました。
手持ちのレコードは金白ジャケの初出ですが、マトリクスは11/10でした。

最初のステレオレコードということもあり、おそらくかなり多くプレスされていることが想像できます。
初版のレコードでも比較的入手はしやすいと思います。

ビーチャムは少なくても日本ではあまり評価が高くありません。
同年代の他の指揮者と比べると、初版のレコードでも入手しやすい価格が多いですね。

このシェラザードは、レコードで聴くと重厚感のある音、優雅で気品のある演奏という印象です。
タワレコのSACDは演奏の印象は変わらず、少しレンジが伸びてすっきりとした音質です。

マスターテープの劣化はそれほど気になりませんでした。
レコード比べると少し新しい時代の録音のような感覚です。

参考: リムスキー=コルサコフ: シェエラザード、ボロディン: だったん人の踊り<タワーレコード限定>

RIMSKY-KORSAKOV: Scheherazade op. 35 / Staryk · Beecham · Royal Philharmonic Orchestra
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次