Grigory Sokolov - Mozart & Rachmaninov: Concertos

グリゴリー・ソコロフは16歳にしてチャイコフスキー国際コンクールで優勝しましたが、ソ連情勢により国外での演奏がなかなか許可されず、幻の存在として知られた人です。
当時の録音はメロディアのレコードでたくさん出てはいますが、何となく触手が動きません。

80年代後半から世界的な活動ができるようになりましたが、正規の録音はそれほど多くありません。

グラムフォンからモーツァルト:ピアノ協奏曲第23番とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番をセットにした2枚組レコードが発売されました。

目次

Grigory Sokolov - Mozart & Rachmaninov: Concertos

DGG - 486 3978

486 3978


サブスクでも何度も聴いているので、CDは買いませんでした。

モーツァルトは2005年、ザルツブルクで、ラフマニノフは1995年、ロンドンでの録音。
どちらもライブでデジタル録音です。

巨体から繰り出させるスケールの大きな演奏です。
ラフマニノフは、音の強さと聴き手をグイグイ惹き込む求心力があります。どっしりと安定していて危うさがありません。

モーツァルトは従来のイメージよりも軽やかで、この曲のイメージを忠実に再現していると感じました。

ソコロフは現在も欧州で演奏ツアーを行っていますが、納得する演奏ができないという理由で、協奏曲を演奏することは辞めて、ソロ活動のみに専念しています。

時系列的には、グラムフォンで先に出たLPの方が録音が新しく、この2つの協奏曲は20年近く前の、全盛期の演奏です。
モーツァルト、ラフマニノフどちらも、それぞれを代表するレベルの名演だと思います。

Grigory Sokolov - Rachmaninoff Piano Concerto No.2 in C minor, Op.18 - Video 1993
レコード収録曲とは異なりますが、参考までに
PR
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次