Georg Solti – Ravel: Bolero, Debussy: La Mer, Faun Prelude

ショルティ&シカゴ響のコンビです。

晩年のデッカ作品としては、同じコンビでストラヴィンスキー: 春の祭典は有名です。
同時期で、録音エンジニアはこちらもケネス・ウィルキンソン。

目次

Georg Solti – Ravel: Bolero, Debussy: La Mer, Faun Prelude

DECCA – SXL6813

sxl6813

ショルティとフランスのイメージが結びつかず、聴くまでは期待していませんでしたが、演奏も録音も素晴らしいです。人気の高い春祭よりも良いのでは?と思えるくらいです。

調べてみると、この録音の少し前までパリ管弦楽団の首席指揮者も務めていたのですね。フランスと無縁ではなかったようです。

時期的にシカゴ響のメンバーに精鋭がそろっていたことや、名エンジニアによる録音も相まってアナログ時代末期を代表する作品に仕上がっていると思います。

雄大で感動的な海です。

レコードはアナログ英プレスの再後期の時代です。
これより少し後になるとオランダプレスに移ります。

何枚かレコードは購入しましたがマトリクスは2W/1Wが多いです。1/1は存在しない気がします。

ユニバーサルのSACDシングルレイヤーも買いました。
オリジナルのレコード比べると幾分寂しい音に感じます。レコードはラヴェルから始まりますが、SACDはドビュッシーからとなっていて曲順が変更されています。

オリジナルのレコードでも入手しやすいのでおすすめです。

¥1,631 (2022/08/07 23:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次