Jonatha Brooke & The Story

90年代初頭から活動していたようですが、彼女たちの存在を知ったのはかなり後になってからです。ネオアコでは無いですが、世界観としては通じるものが有ります。

目次

Jonatha Brooke & The Story

story

Jane Kelly Williamsとか、Sirimaをもう少しロック寄りにした感じの女性デュオです。
ツインボーカル。1stアルバム(Grace in Gravity)が一番良いです。この画像だと上の2枚が1st。2つのレーベルからジャケ違いで出ています。左の方がメジャーでしょうか。楽器を多用せず、シンプルな作品です。

左下の2ndアルバム(Angel in the House)も1stには及びませんが、良作です。
華やかで、少しロック色が強くなります。ここで、おそらく解散。
実質Story名義ではこの2枚です。

その後はメインボーカルの、Jonatha Brooke名義の作品です。実はかなりの枚数をリリースしていて、今も現役で活動中ですが、解散後は熱心に追いかけていません。

もう1人のJennifer Kimballも解散後、シンガーソングライターとして活動していますが、こちらも熱心には追いかけていません…。

上記画像の4枚(実質3枚)は、Amazonでも1円出品の常連ですが、1stと2ndはお勧めです。80年代の要素も色濃く持っていますので、当時としては受け入れられなかったのかもしれません。

Damn Everything but the Circus
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次