Kings of Convenience – Riot On An Empty Street

昔ネオアコに没頭していましたが、年齢的にリアルタイム世代ではありませんでした。
夢中になったのは90年代後半です。

その後、2000年前後にUSや欧州でもインディーポップが盛んになり、色々なレーベルが登場しました。
当時はに西新宿のレコード屋の近くに住んでいましたので、休みの日はラフトレード、ヴィニールジャパン、ディスクユニオンは必ず通っていました。

ラフトレードはインディ系の新譜をよく紹介していて、面出しで飾ってあった作品はほぼ購入していました。

記憶があいまいですが、USのKindercore Recordsの作品もそこで出会ったような気がします。

Kings of Convenience(キングス・オブ・コンビニエンス)はノルウェーのバンドですが、デビューはUSのKindercore Recordsです。クリスマスコンピにも1曲収録しています。

当時のKindercoreは面白いバンドがたくさんいましたので、その中でも特に目立った印象はありませんでした。レーベル買いしていたので、その中の1アーティストという印象しかありませんでした。
実際に今聴いてもデビュー作はそれなりです。プレミア付いていますが無理に買う必要ないです。

目次

Kings of Conveniencem – Riot On An Empty Street

Source – 3559297

3559297

その次の作品もまずまずでしたが、この3枚目は期待していなかった分、とても良くて驚いた記憶があります。知らない間にメジャーなアーティストになっていました。

たぶん全作品持っていますが、結局この3枚目と次の4枚目しかあまり聞いていません。

リリースは多いですが、同じ曲の撮り直しも多いイメージで、活動年数の割には曲は多くない気がします。

昔はレコードでしかリリースされていないものはレコードで、CDが出ていればCDを買っていました。
当時はCDしか持っていなくて、何となくレコードも欲しくなりましたが結構高くて躊躇していました。
少し前に再発されたので購入。

この手の作品の中では録音はかなり良い方だと思います。
そして、レコードもとても良かったです。

アーティスト:Kings of Convenience
¥6,892 (2022/09/24 09:54時点 | Amazon調べ)
Kings Of Convenience - Cayman Islands

おまけ。
彼らのカバーをしているアーティストを見つけました。本家よりもYouTubeの再生回数が多いです。

emmy Curl - Cayman Island (Kings of Convenience Cover)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次