Helmut Koch – Bach: Sechs Brandenburgische Konzerte

タワレコは、精力的に過去の名盤をSACD化しています。

Berlin Classicsとコラボのシリーズもあり、東独エテルナのレコードまでSACD化されるようになりました。

過去にはAvexで”ドイツ伝統の響きシリーズ”としてSACD化されたことはありますが、他ではあまり企画されたことが無いと思います。

目次

Helmut Koch – Bach: Sechs Brandenburgische Konzerte

Eterna – 825 341-2
Tower Records – 0302714BC

記念すべきエテルナにおける初のブランデンブルク協奏曲です。
ヘルムート・コッホ指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。

エテルナのレコードに興味を持つきっかけが、カール・ズスケとの出会いです。最初はCDで聴いたバッハの無伴奏でした。

それから、入手できる範囲でズスケのレコードは手あたり次第買いました。

このブランデンブルクでは6曲のうち、ズスケは1-4番までのヴァイオリンと、6番のヴィオラを担当しています。

手持ちのレコードは初版の箱入りではありませんが、厚手プレスなので第2版相当に当たると思います。

SACD自体も悪くないと思いますが、改めてレコードを聴いてみるとやはり差は感じます。厚みががかなり違いますね。

厳格なバッハというよりも、穏やかで静かな高揚感のある演奏です。

参考: [タワレコ] J.S.バッハ: ブランデンブルク協奏曲全曲<タワーレコード限定>

Brandenburg Concerto No. 1 in F Major, BWV 1046: I. Allegro (Remastered)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次