Fidelix – LEGGIERO

導入してから1年以上は経過していますが、フォノイコを変更しました。
久しぶりの日本メーカーです。

Fidelix – LEGGIERO

フィデリックスは実はパワーアンプも以前使っていました。
私の環境では合わずに直ぐに手放してしまいましたが…。

フォノイコは発売当初に聴く機会があり、その内導入しようと思っていましたが、タイミングが合わずに先延ばししていました。

LEGGIEROはイタリア語で”軽く、優美に”という意味ですが、まさにその言葉通りの音です。

SNは驚異的に高いです。
以前使っていた電池駆動のSutherlandと背景の静かさは同等以上であり、かつ弱音の情報量はこちらの方が良いです。

Sutherlandは強弱の”強”の表現が強く、細やかな表現が一辺倒になりがちな部分がありましたが、LEGGIEROは空間が広く伸びやかになる印象です。

その分、ゴリゴリとした力強い音を好む方には合わないかもしれません。

イコライザーカーブについて

イコライザーカーブは色々な意見があり、正直なところ私に正解は分かりません。

モノラル時代はRIAAに統一されていませんので、複数のカーブがあるのは理解できます。
ただ、手持ちのレコードの99%はステレオなので、モノラルは無視しています。

ステレオ盤のレコードでも、このレコードはFFRRだとか、NABとか断言している人がいますが、私にはそのカーブに設定してもピンとこないこともあります。

個人的にはイコライザーカーブの可変よりも正相/逆相の切り替え機能の方が欲しかったなと思っています。

50Hz以下のレベルを5段階に、2kHz以上も5段階に変えられ、この組み合わせによって、RIAA、SP、AES、NAB、FFRR、OLD RCA、COLUMBIAのカーブに対応予定です。2個のスイッチはセンター位置でRIAAなので、50Hz以下が2dBステップ、2kHz以上が1dBステップのトーンコントロールとしても実用的に使えます。

http://fidelix.jp/technology/noise2.html

LEGGIEROの場合は、FFRRとかNABのカーブに合わせるのではなく、50Hz以下(2dBステップ)と2kHz(1dBステップ)で可変して、それらのカーブに実用的に近づけているイメージです。

クラシックのレコードはほとんどオリジナル盤で集めています。
ステレオ最初期のレコードをRIAAカーブで聴いても違和感ないものが多いです。

初版と2版とか、再発盤だとどうなのか?
とか細かく考えると分からなくなりますが、その意味でもデジタルで同じ音源を買って比較するようになりました。

フォノイコは10台以上使ってきましたが、とても満足しています。

¥203,500 (2022/11/22 12:24時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする