auひかりでルーターを追加【2重ルーター対策】

UniFI Dream Router(UDR)を導入しました。auひかりで、ルーターを追加する方法を解説します。

今までは、auひかりのホームゲートウェイのルーター機能を利用していました。
通信上はまったく問題はありませんでしたが、オーディオの音質向上を期待して、ルーターを追加しました。

あわせて読みたい
auひかり ルーター設定で手軽に高速化!【すぐ試せる】 AUひかりのホームゲートウェイ、HGW-BL1500HMをルーターとして使った具体的な設定の仕方。適切な設定で高速&安定!快適なインターネット環境を手に入れよう。
目次

auひかりのホームゲートウェイはルーター機能を停止できない

auひかりで、ルーターを追加する最大の問題点は、ホームゲートウェイのルーター機能を停止できないことです。

せっかく、高性能なルーターを追加しても、追加したルーターをブリッジモードで使うのは、もったいないです。
ブリッジモードでは、アクセスポイントとして機能するからです。

ルーターとして使う場合はいわゆる2重ルーターの状態です。
アクセスポイント、ブリッジモード??という方のために、簡単に説明します。

予備知識 - ルーター、アクセスポイント、スイッチの違い

一般的に、無線ルーターとは、ルーター、アクセスポイント、スイッチすべての機能を保有しています。

ルーター

ローカルネットワーク(LAN)と外のネットワーク(WAN)の仲介役を行い、各端末がインターネットに接続できるようにIPアドレスを割り当てる。

アクセスポイント

Wi-Fiで複数のデバイスをつないでローカルネットワークを構築するための機器。

スイッチ

有線で複数のデバイスをつないでローカルネットワークを構築するための機器。

ルーターを追加する - ルーターモードとブリッジモード

auひかりは、onuとホームゲートウェイが必須で、この2つは外すことができません。
追加ルーターを使う場合、ルーターモード、もしくはブリッジモードを選びます。

ルーターモード

ルーター、アクセスポイントの役割を担う。

普通に考えれば、ルーターモードで良いのですが、auひかりの場合、問題があります。
ホームゲートウェイのルーター機能がオフにできません。
つまり、追加ルーターをルーターモードにすると、いわゆる2重ルーター(dobble nat)です。

ブリッジモード

ルーターの役割はホームゲートウェイが担い、追加したルーターはアクセスポイントとして機能。

UniFi Dream Routerを追加する

udr

導入したルーターは、UniFi Dream Routerです。

ルーターとしてのスペックはハイスペックとは言えませんが、ネットワークの設定が細かくできること、具体的にはWi-Fiの分離や、特定のネットワークの停止などが、アプリ上から行うことができる。

ネットワークが視覚化できるのが面白いと思ったからです。

ネットワークを視覚化できます

違うルーターを使用する場合でも、auひかりでルーターを追加する参考になると思います。

auひかりで、2重ルーター問題を回避する

新たにルーターを追加する目的は、追加ルーターのルーター機能(IPの振り分けなど)を使いたいので、ブリッジモードではあまり意味がありません。

ブリッジモードだと、アクセスポイントとして機能しますので、Wi-Fiが安定しない、速度が出ないことに対してはメリットがありますが、追加導入した高性能ルーターの機能が使えません。

そのままルーターモードで使うと、2重ルーターとなり、速度が出ない、ゲームなど一部のコンテンツに支障が出るなどトラブルが起こる場合があります。

DMZを使う

DMZの設定イメージ
IPアドレスは各自の環境に合わせてください

2重ルーターを回避するため、DMZを使います。

非武装地帯(ひぶそうちたい、DMZ、DeMilitarized Zone)とは、コンピュータネットワークにおいて、外部ネットワークと内部ネットワークの中間に設けられるネットワークのことである。それぞれのネットワーク間の通信を適宜制限しつつ、DMZには、メールサーバ、ウェブサーバ、DNSコンテンツサーバ、Proxyサーバなど、インターネット等の外部ネットワークと接続する必要があるサーバ等を接続することにより、内部ネットワーク(プライベートネットワーク)のセキュリティを保護しつつ、外部と接続することを目的とする。

軍事用語の「非武装地帯」から転用された用語であり、バリアセグメントなどとも呼ばれる。英語では、Data Management Zone, Demarcation Zone または Perimeter Network とも呼ぶ。

非武装地帯 (コンピュータセキュリティ) - Wikipedia

ホームゲートウェイ HGW BL1500HM側の設定

ウェブブラウザ上で、HGW-BL1500HMのIPアドレスを入力すると設定画面に入れます。

  • ホームゲートウェイのIPアドレス設定

メニューのホームゲートウェイ詳細設定→DHCPサーバ設定

IPアドレス/ネットマスクは、ホームゲートウェイのIPアドレスです。
追加ルーターのIPアドレスを192.168.0.1で使いたいので、便宜上、ホームゲートウェイは192.168.10.1としました。

また、追加ルーターをDMZで、192.168.10.10とするので、念のため、DHCPサーバーは192.168.10.11としています。
DHCPサーバー機能をオフにする設定を推奨している人も多いですが、私の環境ではONにしています。

  1. DMZホスト設定

次に、ホームゲートウェイ詳細設定→DMZホスト設定

DMZホスト機能をONにし、任意のアドレスを設定します。

  1. 追加するルーターのIPアドレスを固定する

先ほど設定したDMZホストのIPアドレスが、追加するルーターのWAN側のIPアドレスになるように設定します。

追加するルーター側で、WANのIPアドレスを設定できる場合は、この設定は不要です。

まず、追加するルーターのMACアドレスを確認します。

Dream Routerの設定画面

ルーター側で確認方法が良く分からない場合は、WiFimanというアプリで確認できます。
無料でダウンロードできます。

次に、ホームゲートウェイ詳細設定→DHCP固定/除外割当設定
DHCP固定割当エントリをタップして、先ほど確認したMACアドレスを入力、DMZで設定したIPを入力します。

以上で、追加ルーターを生かすための準備が整いました。

次回は、具体的なルーターの設定方法を解説します。

あわせて読みたい
有線と無線どちらが良い?オーディオ用ネットワークについて オーディオ用ネットワークの考察。ルーターとスイッチを有線、無線でつなぐときの最適解を考え、比較手してみました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次