有線と無線どちらが良い?オーディオ用ネットワークについて

オーディオ用ネットワークの考察。ルーターとスイッチを有線、無線でつなぐときの最適解を考え、比較してみました。

前回の続きです。

新規で導入した、UniFi Dream Router(以下、UDR)を使って、オーディオ用のネットワークを構築します。

あわせて読みたい
auひかりでルーターを追加【2重ルーター対策】 auひかりのホームゲートウェイは、ルーター機能を停止できません。UniFI Dream Router(UDR)を追加する際の、DMZを使った2重ルーター回避方法を解説します。

ネットワークオーディオを考える場合、ネットワークプレーヤー、Roonサーバー、NASなど、オーディオ関連の機器を1つのグループとして、オーディオ用スイッチにつなぎます。

ルーターとスイッチは有線接続が好ましいですが、ルーターの設置場所とオーディオルームが離れている場合、有線で接続できず無線にするしかない場合も考えられます。

拙宅の場合、リビングにルーターがあり、オーディオ部屋は隣ですが、LANの屋内配線をしていないため、現状は無線を使用しています。

ルーターとスイッチを有線、無線でつなぐ場合のそれぞれの最適解を考え、比較してみました。

目次

ネットワークオーディオのルーター設定を考える

事前準備

1. VLANでオーディオ専用ネットワークを分割する

オーディオ専用のセグメントを用意します。

セグメントとは、192.168.A.XX Aの部分です。通常は異なるセグメント間では通信はできませんが、UDRの場合、初期設定では、異なるセグメント間でも接続ができます。
別項で設定します。

設定画面→ネットワークで、新規のネットワークを作成します。

VLAN IDの数字が、ネットワークのセグメントと連動します。

2. オーディオ専用のWi-Fiを作成する

次に、オーディオ用のWi-Fiも作成します。

理由は、オーディオ用ネットワーク上の機器をスマホやタブレットで操作したいからです。
また、オーディオ用ネットワークに無線でつなぐ場合も、隔離できます。

オーディオ用のWi-Fiを作成し、事前に設定したネットワークを割り当てます

3. オーディオ専用ネットワークを隔離する

UDRの場合、初期設定では異なるVLAN間でも接続できますので、隔離する設定です。

Network → セキュリティ → トラフィックとファイアウォールルールからエントリの作成で、新しいルールを作成します。

タイプ: LANイン
名前: 任意で、日本語名も可
デフォルトのネットワークが、オーディオ用のネットワークにアクセスできないようにします。

事前準備はこれで完了です。

有線と無線の比較

メッシュWi-Fiと中継器
有線、メッシュWi-Fi、中継器で比較

A. 有線接続

まず、理想的な接続方法として、ルーターとオーディオ用スイッチを有線接続する場合です。
UDRの場合、イーサネットポート毎に、VLANの設定ができます。


オーディオ用スイッチへ接続するポートをオーディオ専用ネットワークに設定。
UDRは、使わないイーサネットポートをOFFにすることができるので、使わないポートは停止します。

コントローラーとして使うタブレットのみ、Wi-Fiをオーディオ専用ネットワークへ接続します。
経験上、Wi-Fi接続する機器が増えるほど、音が悪くなります。

ルーターとスイッチを無線接続

有線で接続できない場合の最適解を考えます。
今回は、中継器と、メッシュWi-Fiを使う場合で比較しました。

本来はWi-Fiが届きにくい場合に、どちらかを使って電波の受信環境を改善する製品ですが、今回はオーディオ専用ネットワークとして、音質のみに焦点を当てて検証します。

無線接続時は、UDRに有線接続する機器が無いため、事前にUDRのイーサネットポートは全てオフにしています。

メッシュWi-Fiと中継器の違い

メッシュWi

メインルーターと複数のサテライトルーター(電波を中継する機器)を利用して網目状のネットワークを構築する技術。

サテライトルーターがメインルーターの分身となるため、その仕組み上、どこで接続しても、通信速度や安定性はメインルーターの近くと同程度。

中継器

電波を中継する役割を持った機器。

中継器はあくまでも電波を中継するだけなので、Wi-Fiとの接続台数が増えるとメインルーターに負荷がかかり、通信速度や安定性が低下する傾向がある。

B. メッシュWi-Fiで接続

メッシュWi-Fiのサテライトとして、姉妹ブランドのAmpliFiHDを使用しました。
UDRとは姉妹ブランドですが、専用アプリもそれぞれ異なります。
どちらも直感的に使いやすく、設定は難しくないと思います。

メッシュWi-Fiなので、サテライトもメインルーターと同じように振舞います。
サテライトのWi-Fi機能を止めることはできません。

C. 中継器で接続

中継器としては、NECのWG1200CRを使用しました。
NEC製品は、親機のメーカーに関わらず使用できること、Wi-Fi受信のみで、送信を止めることができる点が気に入っています。

今回は、UDRのWi-Fi信号を受信するだけで、自身はWi-Fiを送信しない設定としています。

比較結果

A. 有線、B. メッシュWi-Fi、C. 中継器の音質比較を行いました。

比較条件
ONU、ホームゲートウェイ、UDR、メッシュWi-Fi、中機器の電源はGAN電源および PRaT sound製のトリガーケーブル、のびねこ、めがねこを使用。
全てのイーサネットケーブル間には、Baaske社製 LANアイソレーターを使用。

有線接続時の、UDRとオーディオ用スイッチ間のイーサネットケーブルは10m。
オーディオ用ネットワークのWi-Fiにはタブレット1つのみ使用。

結果を発表します。
A ≧ C >>>> Bという感じでした。

ルーターとスイッチを有線接続する場合、間にLANアイソレーターを使わなければ、中継器経由と同じレベルに感じました。LANアイソレーターを使うと有線の方が少し良いです。

屋内配線の引き回し状況によっては、中継器経由の方が有利な場合もあるかも。

メッシュポイントは明らかにレベルが落ちました。
自身が無線信号を送信することで、ノイズの影響が出るのではないかと予想しています。

現状、有線の方がわずかに良い結果となりましたが、工事をしてLANケーブルを引っ張るほどの大きな差は無いので、しばらく中継器を使う方法で行きます。

いずれの方法でも、サブスクのハイレゾ、ローカルのDSD256などを再生しても音飛びの経験はありません。

その他、感じたこと

ONU、HGW、ルーター、中継器、スイッチとどの電源を変更しても音質は変わる。意外とスイッチの電源が一番変化が少ないかも。上流から変えた方が分かりやすいが、無線接続時は中継器の電源の変化量が大きい。

UDRを使うと、宅内のネットワーク送受信量が可視化できる。
iPhoneや、プリンターなど、使っていなくてもわずかに送受信していることが分かる。
オーディオのネットワークは、オーディオ用セグメントを使用し、他の製品の影響を少なくするのが良いが、UDRの場合は、アプリ上から、ネットワークそのものを停止する力技もできる。

LANアイソレーターを1つだけ使うなら、オーディオ用スイッチの手前に使うのがオススメ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次