最新技術GaN(窒化ガリウム)アダプターはオーディオ界に革新をもたらす!?

GaN for Audio

以前はスイッチング電源は悪、オーディオにはアナログ電源というイメージがありました。

しかし、最近はエコの観点や、良質なスイッチング電源の登場により、徐々に効率の良い電源へ移行するメーカーも増えてきました。

今回はその中でも窒化ガリウム(GaN)についての考察です。

窒化ガリウム(ちっかガリウム、GaN)はガリウムの窒化物であり、主に青色発光ダイオード(青色LED)の材料として用いられる半導体である。また、近年ではパワー半導体やレーダーへの応用も期待されている。ガリウムナイトライド (gallium nitride) とも呼ばれる。

窒化ガリウム - Wikipedia
目次

窒化ガリウム(GaN)電源をオーディオに使用する

GaN

GaN (窒化ガリウム) をいち早くオーディオに転用したのは、オリオスペックだったと思います。

参考: OLIOSPEC 次世代パワー半導体 GaN (窒化ガリウム)採用充電器をDC電源化する変換ケーブルのセット

リンク先を見るとわかる通り、アダプター自体はRavPower製を選んでいます。
私もいくつかのブランドを試しましたが、RavPowerが低ノイズでオーディオへの転用に向いていると感じました。

おすすめのGaNアダプター(低出力用)

全てを試すことは不可能ですが、おおむねRavPowerを選んでおけば間違いない気がします。

一番おすすめは初代RP-PC104ですが、生産完了になってしまいました。
聴感もEntech Noise Analyzerの測定値も一番低ノイズでした。

私は12V電源は全てRP-PC-104を採用し、5V電源のみ、USB-A出力があるRP-PC133を使っています。

トリガーケーブルを使って使用機器と電圧を合わせます。間違った電圧を接続すると機器が壊れます。
アンペア数はGaN側の方が大きければ問題はありません。

給電ケーブルを用意する(5V/9V/12V)

GaNアダプターの出力はUSB-Cが主流です。
USB-Aは少数です。

オーディオ用途のプラグは、内径2.1mm/外径 5.5mmか、内径2.5mm/外径5.5mmの規格が多いです。

この場合、USB-Cから、オーディオ機器側に合わせたプラグに変更する必要があります。
USB-C to C以外の場合は電圧は自動対応できないので、ケーブル側で電圧も指定します。

PDトリガーケーブルで検索するといろいろ見つかります。

ケーブル側で9V/12V/15Vなどの電圧を指示する必要があります。

また、従来のUSB-Aタイプが5V規格であることから、トリガーケーブルの5V需要が無いため、5Vで給電したい場合は、USB-Aから内径2.1mm/外径 5.5mmなどのケーブルで対応します。

オーディオ機器側は5Vと12Vが多いと思います。一部9Vの製品もありますが、その場合は9Vのケーブルを選んでください。
DCプラグは小電力だと内径2.1mm/外径2.5mmが主流です。大電力の場合は、内径2.5mmの製品もあるので、その場合は変換プラグを使用します。

NECのルーターや、I/OのSoundgenicなどEIAJの製品も変換プラグで対応できます。

低価格の標準的なケーブルを紹介します。

オーディオグレードのケーブル

もともとPCの充電がメインなので、オーディオ用途のケーブルは少ないです。数社から出ているので紹介します。

PRaT sound

トリガーケーブルを各種販売しています。

私は、USB A to DC2.1mm(5V)、USB-C to DC2.1mm(12V)、USB C to EIAJ(12V)などを使っています。
参考: PRaT sound

JSPC AUDIO

USB C to DC2.1mmの各種ケーブルをリリースしています。
注目すべきは5V対応のケーブルがあることですね。

参考: PD対応トリガーケーブル リリースのお知らせ

おすすめのGaNアダプター(高出力用)

RoonのNucleusなど大きな出力が必要な場合、オリオスペックで扱っているAdapter Technology製品がおすすめです。

参考: Adapter Technology 「ATS120TS-P120」 12V/108W GaN Series AC Adapter

窒化ガリウム(GaN)電源の音は良い?

いろいろ試してみた印象としては、GaNでも品質に大きな差はある感じがします。
具体的には高域のうるささ、ノイジーな製品も多いです。

一般的なスイッチング電源と比べると、背景が静かで音数が多い印象はあります。

手軽なオーディオ用スイッチング電源として人気のある、iFi audioのiPower IIよりも印象は良かったです。
アナログ電源は低ノイズですが、音に厚みがある反面、もっさりした感じもあります。

現在は、ラズパイ&DAC、EtherREGEN、10Mクロック、NECルーターの親機、子機にGaN電源を採用しています。

低価格ですし、最悪、スマホやPCの充電器に流用できるので気軽に試せるのも良いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • エテルナ様
    コメントありがとうございました。
    おかげさまで確認したところ
    ルーターPR-500KIの電源プラグの端子が割れていてEIAJ 極性統一プラグ #4が入らなかったようです。早速交換してもらい無事接続できました。
    ちなみにYahoo知恵袋にも質問して理由聞かれたので付属ACに替えGaN充電器にすると音質
    向上するのが最近話題で試したいと返信したら、「そんな事あり得ない、理屈で分かる。都市伝説もいいところ」とバカにされました(笑)
    私はその後相手にしませんでしたけどね。

  • ヒポポさま

    コメントありがとうございます。
    実機が無いので何とも言えませんが、ネットで調べた限り、12V2.5Aのアダプタっぽいので、EIAJ♯4で合っている気がします。内径3.3mmですし。
    https://www.marutsu.co.jp/contents/shop/marutsu/mame/15.html

    この手のプラグは割と誤差があるので、微妙にゆるい/きついはあると思います。

    私が使っているAUひかりのレンタル機器は、12V3AのEIAJ♯5で、PRaT soundさんに特注でケーブルを作っていただきました。EIAJ♯5は明らかに径が違うので、測り間違っていなければ、EIAJ♯4だと思いますが…。

  • 記事非常に参考になりました。
    私も記事を元に付属ACに替えGaN充電器と対応ケーブルで電源を取ろうとしたのですが、
    プロバイダから無料でレンタルしているルーターですがPR-500KIという機種で、記事でご紹介の変換プラグ外径 5.5mm / 内径 3.3mm センターピン あり (EIAJ 極性統一プラグ #4 準拠)が微妙に合いません。
    もしご存知でしたら、この機種に合う変換プラグの規格を教えてください。
    よろしくお願いします。

コメントする

目次