Karl Suske – Bach: Sonata and Partita No. 1

バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータという作品は、ヴァイオリン独奏を代表する作品だと思います。

それこそ、ヴァイオリン奏者であれば、避けられない作品ではないでしょうか。

現時点で最も愛聴しているのは、カール・ズスケです。

目次

Karl Suske – Bach: Sonata and Partita No. 1

Eterna – 827 842

ちょうどアナログからデジタル録音に移行する時期で、アナログ録音された1番はレコード化されました。2番、3番はデジタル録音です。

CDは全集として2枚組CDでリリースされています。アナログ録音とデジタル録音が共存しています。

他の評価の高い演奏と比較し、ズスケは非常に地味です。
ただ、それは個の主張をせずに、作曲者の意図した表現に徹しているように感じます。色々と聴いても、結局ズスケに戻ってしまいます。

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、そのどれを聴いてもそのように感じます。私は無神論者ですが、ズスケの演奏は神の存在を感じます。悟りの境地に近い感覚です。

少し前までは東独エテルナのレコードが再プレスされたり、SACDでリリースされるとは思っていませんでした。

この無伴奏も枚数限定でレコード化されました。
そして、デジタル録音の2番、3番も初のレコード化です!

参考: [タワレコ] J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ全曲

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる