Herbert Blomstedt – Dvorak: Symphony No. 8

東独エテルナのレコードが好きでコツコツ集めてはいますが、タワレコ企画でこのレコードがSACD化されたのは少しびっくりしました。そんなに需要がある作品だと思っていなかったからです。

もっと人気のある指揮者はたくさんいますので…。

目次

Herbert Blomstedt – Dvorak: Symphony No. 8

Eterna – 826 763
Tower Records – 0301557BC

レコードを持っていたことも忘れていました。
SACDを買った後に、「レコード持ってたかな?」と家の棚を捜索して見つけました。

ドヴォルザークの8番は、デッカのケルテスとカラヤンがかり聴いていたので、このブロムシュテットは記憶に残っていませんでした。

久しぶりにレコードに針を落としてみると、「こんなに良い演奏だったっけ?」
と考えを改めたくなるくらい良いですね。

一言でいうと、品があって美しいです。
出だしから引き込まれてしまいました。

SACDも同じ世界観で、レコードに比べて劣っている感じはしませんでした。
オリジナルのレコードでも入手はしやすいと思います。

以前にベルリンクラシックからジャケ違いのCDもリリースされています。

¥3,670 (2022/09/27 00:20時点 | Amazon調べ)
Symphony No. 8 in G Major, Op. 88, B. 163: I. Allegro con brio
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次